万座 湯房物語



湯房物語(1)


時の計画では、現在の玄関前の駐車場の一部に36室の建物を建築するというもので、和室中心で一部ベッドルームという今振り返ると現況の別館と変らない間取りであったように思う。

古くて、長い階段を延々と歩いて行って頂く建物に閉口していた私は、間取りよりも本館から少しでも近い所に建つことに夢中になっていたような気がする。それでも、本館の1Fから長寿の湯の下に連絡通路を作り、バリアフリーで「湯房」まで行かれるばかりか、星の見える展望台なるものまで計画に入っていたし、極楽湯まで、つり橋を渡して歩いて頂こうと言う壮大な計画に、胸が高まっていた。新しい建物で商売が出来る!その嬉しさで、どんなに夜遅い打ち合わせでも苦労と思わない日々が続いていた。




6年後の2007年12月。。。まさに明日「湯房」がOPENします。

ここ数日は、多くのスタッフと共に、備品の搬入や許可申請に心血を注いできました。ここまで来ると、夢は必ず叶うのだと実感しています。

多くの困難や想定外のアクシデントを越えてきたからこそ、喜びを噛み締める事のできる今日があります。

今年もあとわずかとなり、思い起こす事もできないような忙しさと充実感は、正に「湯房」のお陰だったと思います。

これから少しずつ、今日に至るまでの物語をブログに懐古しながら、感謝と共に振り返って行きたいと考えています…。


d0137653_2162355.jpg

万座温泉 日進舘 トップへ
万座温泉 日進舘 宿泊プラン一覧ページへ
[PR]
by manza_mama | 2007-12-28 20:43 | 湯房物語(1)~(5)
<< 湯房物語(2) 6年前の決断 >>


万座温泉・日進舘女将が、湯房建設のエピソードをつづります。
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30