万座 湯房物語



湯房物語(3)

寒い毎日でございます。

2008年になり、ホット息をつきましたら8日になっておりました。
今年も年始のご旅行に沢山のお客様にご来館いただき、感謝でございます。

d0137653_1827421.jpg既にご案内のとうり、当社は平成二十年一月一日より社名が株式会社日進舘に生まれ変わりました
湯房という新館が増設され、駐車場には大きな日進館の看板が付きましたが、経営陣は変りません!!!
今年のお正月はオープンしたての湯房に行きっきりでしたから、常連のお客様に「女将どうしてたんや~、つぶれてしもたんかと心配したで!」とか、ご婦人達のヒソヒソ話が聞こえたかと思ったら、「経営者が変ったんじゃないの?」など・・・・
私はずっと館内におりますので、見つけたらお声をかけて下さい。

特に忙しい年末年始を過ごした私の楽しみは体重計に乗る事!
ど~んなに痩せたかと。。。。キャッ!全然痩せてないじゃあ~りませんか@@;
仕事では、簡単に痩せない事を学びました。



---湯房物語の続き---

あっという間に何百㎥という土砂と水が、日進館の周辺をとぐろを巻いた沼のようにしてしまった。当時、日進館の1Fが女子寮になっていた為に、命からがら逃げ出した女の子のスタッフの鳴き声で、いつも楽しい場所である社員食堂は、避難場所と化していた。その日は満館に近く、相変わらず降り続く雨脚は弱まるばかりか強さを増し、軽井沢では2名の生き埋め事故とニュースが流れ、危険を回避する為に日進館近くにお泊りのお客様を高台(本館と別館)に移っていただく作業や、緊急時の誘導の打ち合わせなど、慌しく動いている頃、ますみ荘のご主人が濁流に流されたまま見つからないという一報が入る。何と言うことだろう。。。

d0137653_18275825.jpgそして更に万座温泉に繋がる全ての道路が陥没や倒木の為全線通行止めという知らせが入る。ロビーでは、帰れないお客様が、情報は無いのかと興奮気味、フロントにはこんなに怖い思いをさせたのだから精神的な賠償をして欲しいと怒鳴っている女性、女将さん大丈夫?と気遣ってくださる常連のお客様。今でも鮮明に脳裏に焼きついている。

ようやく自宅に戻り、TVのチャンネルをつけると映画のようなシーンが映し出されていた。貿易センタービルが燃えている。何故?何がなんだか分からない。。。そう。9.11もう日付が変っていた。水災害は9.10。。忘れる事のできない出来事だった。


万座温泉 日進舘 トップへ
万座温泉 日進舘 宿泊プラン一覧ページへ
[PR]
by manza_mama | 2008-01-07 18:41 | 湯房物語(1)~(5)
<< 湯房物語(4) 湯房物語(2) >>


万座温泉・日進舘女将が、湯房建設のエピソードをつづります。
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧