万座 湯房物語



湯房物語(5)

美人です!!!!

1月19日大安。
いよいよ「万天の湯」がデビューしました。


本館からはエレベーターを3機乗り継いで頂きますが、高台にありますので景色は最高です!
平成20年1月1日より、万座温泉ホテルという名で親しまれていた名前を日の進む舘と書いて「日進舘」に変えての営業ですが、夕方湯房の窓や万天の湯から見える景色は、まさに日が東から西に進み行くのが見えます。そんな舘を大切に、次の世代に渡して行きたいと思っています。

そこで、ず~~~~っと大切に隠しておいた当館の 若女将 を紹介します。

12歳で軽井沢在住のアメリカ人の家庭にホームステイして、高校・大学はフィラデルフィアに留学し、陶芸を学んで帰国しました。
何度もアメリカで賞を頂き、帰国後も陶芸の仕事をしていたのですが、万座が忙しくなって来たことで、一念発起し働いてくれるようになった本当に心優しい女性です。

体は小柄ですが、何をやるにも一生懸命で・・・美人です!!!!
顔は日本的ですが、考え方はアメリカ人で・・・美人です!!!!

写真は直ぐに出すのがもったいないので、いずれ出しますからお楽しみにしていてください。
今は修行中ですから、現場に出てスタッフと共に汗を流しております。いくつかのヒントを書きましたので、見たい方は直接日進舘にお運びくださいませ。


d0137653_14545036.jpg
  若女将
  焼物作品の一部




  今回撮影した部屋、本館洋室213号室 お部屋の詳細はこちら
d0137653_14561831.jpg

---湯房物語の続き---

2001年9月13日午前10時。草津と志賀高原を結ぶ292号線だけが通行可能との知らせ。但し、陥没した道路を応急的に作っただけの細い道を歩いて頂き、草津から登ってきた観光バスが待機しているので、各旅館が責任を持ってお客様を安全に誘導するようにとの連絡が入る。閉じ込められていた全てのお客様全員にメインダイニングにお集まりいただき、今回の台風での一連のご報告と、不行き届きをお詫びし、お客様のお名前をお一人お一人確認しながら、当館のマイクロバスにご乗車頂いた。ご挨拶の最後は、涙で声にならなかった。横に並んだスタッフ、誘導するスタッフも泣いていた。お客様も泣いていた。

今朝は早朝から快晴・・・私も一緒に白根山の麓までお送りした。その時初めて車窓から、更に自然災害の恐ろしさを目の当たりにする。あちこちになぎ倒された木々、道路に散乱した古木、流木、石ころ。。。お日様だけがやわらかだった。
d0137653_16164887.jpg
待機のバスが見えたとき、一人のお客様が、「これで帰れるぞ~」と叫んでいた。

マイクロバスから大型バスまでは約50メートル。途中の5メートル程が狭くて、抉れた所に鉄板を敷いて仮設に修理された危険な場所があり、その前後にスタッフが手を貸す形で立ち、誘導が始まった。お客様と私達の間に、言葉に出来ないような連帯感を感じた瞬間でもあった。

全旅館のお客様も全員スムーズ乗り込まれ、バス5台が出発された。笑顔と涙のお見送りだった。



万座温泉 日進舘 トップへ
万座温泉 日進舘 宿泊プラン一覧ページへ
[PR]
by manza_mama | 2008-01-21 15:57 | 湯房物語(1)~(5)
<< 湯房物語(6) 湯房物語(4) >>


万座温泉・日進舘女将が、湯房建設のエピソードをつづります。
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧