万座 湯房物語



湯房物語(8)

才画家。

「 浅井力也 」 をご存知でしょうか。。。
ハワイ在住の23歳の青年です。

浅井力也 プロフィール
http://www.wlpm.or.jp/forest/canvas/rikiya.htm


d0137653_19441495.jpgTVや雑誌などで目にされた方もいらっしゃると思います。
生まれつき障害者として生きてきた彼の神様のプレゼントは絵の才能と一瞬にして相手の心を虜にしてしまう笑顔なのでしょうか。。。久々の再会でしたが、益々ハンサムで素敵な青年になっていました。

d0137653_1945396.jpg
障害者の子供を持つ母親はどんなに大変な事でしょう。

彼のママ、浅井三和子さんも素晴らしい女性です。
美人で気さくで頑張り屋さんなのですが、私達がハワイに伺う度に手作りのパーティーを開いてくださり、大変美味しいお料理を作ってくださる素敵な方です。

d0137653_19534766.jpg私の娘とRIKIが友達と言うことも有り、2月8日のRIKIの絵画展にも親子で伺いました。
前回のブログにも書きましたが、3月3日にTBSテレビで紹介されます。彼と彼の家族の愛を描いた映画も予定されているようです。
たのしみ!!!

浅井力也君の絵をご覧にないたい方は、万座温泉にいらして下さい。
日進館のどこかに飾られています。
えっ?どこかって???

d0137653_19462757.jpg
ヒントは。。。おなじみのレストランの入り口で~す。
チェックしにいらしてくださ~~~~い♪



---湯房物語の続き---

そろそろ、本格的に湯房についての具体的な話を始めなければならない。水害があろうと無かろうと、旅館業というのは施設産業であるから、大掛かりな新築は無いにしても、毎月いらしてくださる顧客さんや、送客してくださる旅行業者さんには、少しでも変化があることが望ましい。

d0137653_2022370.jpg例えば、客室のリノベーションであるとか、壁紙の張替え、レストランの家具を入れ替えるなどが必要なのだ。勿論、意匠的な変化で目で見て直ぐにわかるものは、お金がかかってもお客様が褒めてくださったり喜んでくださるから張り合いになるが、大金をかけて浄化槽を整備したり、雪害で痛んだ屋根を直しても「いい屋根がかかったね~」とは言われるはずも無く、支払いだけが重くのしかかる。これが旅館の宿命であるのだ。

さりとて、次世代にバトンを渡す時に、このまま古い施設だけを引き継ぐのか。。。そんな事を考える毎日だった。


万座温泉 日進舘 トップへ
万座温泉 日進舘 宿泊プラン一覧ページへ
[PR]
by manza_mama | 2008-02-13 20:03 | 湯房物語(6)~(10)
<< 湯房物語(9) 湯房物語(7) >>


万座温泉・日進舘女将が、湯房建設のエピソードをつづります。
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧