万座 湯房物語



湯房物語(17)


散る・・・と思う

d0137653_16551822.jpg明日はいよいよ嬬恋きゃべつマラソン

出だし好調であった私のトレーニングは志半ばで足を痛めてしまい、明日本番という今になっても足の痛さが抜けないのです。

「助けてくださ~い!」

と叫んで可愛いのは18歳まで!!!


51歳はどんなに痛くても不様でも、参加することに意義があるのです!

d0137653_16561151.jpg
しかし、この痛さで完走できるでしょうか・・・無理・無理・無理・無理・無理・無理・無理・・・と思う!

まあ、とりあえず明日は気合だけで

@@いってきま~す@@ 008.gif

嬬恋高原キャベツマラソン
http://www.manza.co.jp/event/marathon/20080601.html




---湯房物語の続き---

その年は、インフルエンザが猛威を振るい、お客様もスタッフも風邪引きの方が多い冬を過ごしていた。私は普段から丈夫で風邪など引いた事が無いのが自慢であったにもかかわらず、2月の末に不覚にもインフルエンザにかかってしまい、再び病院へ。。。同じ先生であった為に、「又インドに行ったのかね?」と軽口を言われ、今度も発熱の中ふらふらしながら自宅に戻る。今年になって、何度も熱を出す羽目になり、病気と無縁であった自分がどうしてしまったのだろうと不安を覚えながらも、周囲には「知恵熱!」と負け惜しみを言いながら、再び自宅療養。

暦は3月になっていた。下界では春を告げるニュースがちらほら聞こえてはいたが、標高1800メートルの万座温泉は連日の吹雪で大荒れの天気が続いていた。

めいる気持ちを奮い立たせて、今日は3月3日の雛祭り。さあこれから今までの分を取り戻す為にも頑張るぞ!と意気込み出勤。

d0137653_18312123.jpg

フロントに出向いた私が聞いた第一声は・・・「女将さん、長寿の屋根が吹き飛ばされました。」何とも、次から次へと事件が起こる年であった。



万座温泉 日進舘 トップへ
万座温泉 日進舘 宿泊プラン一覧ページへ
[PR]
by manza_mama | 2008-05-31 17:16 | 湯房物語〈16〉~〈20〉
<< 湯房物語(18) 湯房物語〈16〉 >>


万座温泉・日進舘女将が、湯房建設のエピソードをつづります。
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧