万座 湯房物語



湯房物語(20)

なカッコイイ♪

いよいよ念願の 大山桜 が万座にやってまいりました。
d0137653_18232921.jpg

第二駐車場横の丘に10本の植樹を致しました。

来年6月には 「万座でお花見」 が実現しますよう、皆様お祈り下さい。d0137653_18304164.jpg

その他にも、白樺・ナナカマド・ミズナラ・ぶな等が日進館の仲間入りを致しました。


そこで、以前ご紹介しました、

危なカッコイイ! 楽月園の荻原社長をご紹介しま~す。
d0137653_18245261.jpg

ね、やっぱり危な カッコイイ でしょう?



---湯房物語の続き---


この頃になると、先代の言葉が全てを物語る。

d0137653_1914354.jpg万座川沿いに建てられた日進館は湯治滞在客向けの鄙びた昔ながらの木造建築で、昭和2年の建物も残っている。更に湯畑に隣接している為温泉独特の臭いや周辺の環境が売り物であったが、温泉源に含まれる硫化水素ガスは、金属を腐食させるだけでなく、人が過剰に吸引すると絶命する恐れがある気体であるから無色透明で大気よりも重く、地面を這うように広がっていくので、群馬県や環境省からの行政指導として標高の高い山頂への移転するようにとのお達しが来ていることも事実で、既に「ますみ壮」は高台に宿ごと移転を済ませている。


d0137653_18504085.jpg簡単に安全の為に移転せよといわれても、収容人数の確保や、本館との導線、お客様の利便性など多岐にわたったシュミレーションをしなければならない。移転命令など気にせずに引き伸ばすだけ引き伸ばして現況のまま営業する方が良いと思っていたし、当社の自由になる敷地の何処に移転しても、自分自身が気に入らないわけなので、打ち合わせにも熱が入らないどころか、借入金が増えるくらいなら、このままの方が良いと思っていた。新館湯房の夢よりも安全経営の方が良いと思っていた。



万座温泉 日進舘 トップへ
万座温泉 日進舘 宿泊プラン一覧ページへ
[PR]
by manza_mama | 2008-06-27 18:33 | 湯房物語〈16〉~〈20〉
<< 湯房物語(21) 湯房物語(19) >>


万座温泉・日進舘女将が、湯房建設のエピソードをつづります。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧