万座 湯房物語



湯房物語(40)

泉でかろやかプラン

寒くなりましたが皆様お元気ですか?

いよいよ「かろやかプラン」実行いたしました。

万座温泉の良泉質と、食事、整体、自然観察、講演会など盛り沢山の内容です。


d0137653_2123668.jpg

今回は初回と言うことで、緊張いたしましたが、天候に恵まれ、感謝のうちに幕を閉じました。
詳しい内容はホームページにアップ致します。

※2月実施【温泉でかろやかプラン】内容公開
http://www.manza.co.jp/karoyaka/plan200802.pdf


心も体も軽~くなりたい方、是非次回 2月にご参加下さいませ。



---湯房物語の続き---

d0137653_21542086.jpg8月9日、第二回目の定例会議。この日は特に寒冷地である事で、暖房についての話が話し合われた。今回の建物は高台の為、かなりの風が建物に当たる為、特に角部屋については、何重にも断熱を施さねばならない。今までの経験がこうして反映されていく事が嬉しくて仕方が無かった。更に、本館から繋がる為の連絡路の件などが話し合われたが、かねてからの希望であった別館にエレベーターを付ける事になり、湯房の建築によって、更にお客様が利用しやすい構造になって行く事も大きな喜びだった。ゆけむり館、本館、別館、湯房に各一台づつのエレベーターが付くことになるし、バックスペースに社員用のエレベーターもあるので、全部で5機のエレベーターが稼動するとなれば、保守メンテナンス料だけでも大変な金額になる。斜面に建物が建つということは大変な事だと痛感した。

d0137653_2155144.jpgこの頃、現場では急ピッチで作業が繰り広げられ、あっという間に基礎が出来ていった。嬉しさと不安が入り混じる中で、いつもお金とのせめぎあいだった。これだけの大きな投資が本当に必要だったのだろうかなどと、今更ながら思い始め、不安で胸が苦しくなって今う場面もあった。その日の夕方、とにかく現場に行ってみようと思い、木村係長を伴い工事現場に行った。現場監督の古村氏が、真っ黒になって現場の指揮をしている。私を見つけた彼の笑顔が、さわやかだったことが忘れられない。同行した木村係長が、「素晴らしい場所に建ちますね。一杯お客さん入れますよ!」と励ましてくれた。d0137653_21554643.jpg

私は、邪魔にならない場所を探し、一人で先代のお墓の方向を向き祈った。「どうかこの事業を成功させてください。見守ってください。」すると、不思議なくらい心の憂いが消えて行った。もう始まったのだ。多くの方々が、新生日進館の為に動いてくださっているのに、今更ながら不安に思う自分がどれほど恥ずかしかった事か。。。この建物の地場も、取り囲む木々も、空も風も、応援してくれていると感じることが出来た。もう迷いも不安も無い。竣工までしっかりやらなければと心に誓った。



万座温泉 日進舘 トップへ
万座温泉 日進舘 宿泊プラン一覧ページへ
[PR]
by manza_mama | 2008-12-13 19:26 | 湯房物語(36)~(40)
<< 湯房物語(41) 湯房物語(39) >>


万座温泉・日進舘女将が、湯房建設のエピソードをつづります。
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧