万座 湯房物語



カテゴリ:湯房物語(41)~(45)( 6 )


湯房物語(46)

d0137653_17144412.jpg 暦祝い


実は、泉堅さんは昨年8月10日で60歳になりました。

今年の夏で61歳を迎えます。

すっごく若いと思いませんか???

あれっ、そう思っているのは私だけかしら。。。

本人もかなり若いと自負しているようです。



d0137653_1772569.jpgそんな折、お嫁さんが還暦のプレゼントをくれました。

お嫁さんの圭子ちゃんは、とにかく 美人で気立てが良い
ので超自慢です。


長男の面倒を良く見てくれるし、お料理が上手です。

普段は経理の仕事なのでお目にかかる機会が少ないと思いますので、この機会に少しだけ見せてあげますね。

これからも宜しくお願いします☆

d0137653_1775453.jpg


---湯房物語の続き---


この頃になると、毎日工事現場に出向き、細かい作業の点検を行なった。私のイメージと違ったり、塗装が気に入らなかったりする箇所が出てきた為に、現場に行くと必ず何か決める事があった。

d0137653_17251825.jpgバックスペースの棚の高さから、パントリーの水周りの位置、電気のコンセントの高さなど、様々な答えを出していった。更に電気に至っては「墨だし」という作業に加わり、東御電気の野口さんと木全先生と共に遅くまで位置を決め「隅だし」を行いながら配光曲線がどのように視覚を作用するかなど学んだ。インテリアに於いては、信頼の厚い木全先生が手伝ってくださったお陰で、私の持つ力以上の意匠を整える事が出来たと確信している。まして女性であるが故の決め細やかさや、お客様の立場に立った配慮を優先した様々な備品揃えは私の学びでもあり財産となったのだ。



万座温泉 日進舘 トップへ
万座温泉 日進舘 宿泊プラン一覧ページへ
[PR]
by manza_mama | 2009-01-26 16:31 | 湯房物語(41)~(45)

湯房物語(45)

房オープン一周年記念パーティー

d0137653_2201428.jpg

早いもので、「万天の湯」が一周年を迎えました。
d0137653_225811.jpg
昨年に引き続き、お客様、エージェント、取引業者の皆様にご参列いただき、パーティーを行いました。

厳しい経済事情の中ではありますが、それに負けない日進館の「やる気・元気・本気」をご報告いたしました。



今年のゲストはアカペラコーラスグループの☆宝船☆

d0137653_22123474.jpg

お正月に神戸港から標高1800メートルの雲の上まで宝船がやってきた!

縁起の良いスタートになりました。
今年の日進館は何があっても大丈夫!

元気の出る温泉にいらして下さい。

d0137653_22271870.jpg



---湯房物語の続き---


d0137653_22444297.jpg11月になり、すでに工事現場周辺には氷が張っている。今年はナナカマドの実が赤く色着かなかったことも有り、雪が遅いし、少ないと言われている。まだまだ工事が続いているので、雪の少ない条件は有難いことだった。11月18日、大野社長の誕生日と同じ日に7号連絡路と呼んでいた別館から湯房に繋がる連絡路と添乗員ルーム、別館エレベーターが完成する。オイルタンクの工事も間もなく終了し、いよいよ湯房の竣工に向けてラストスパートがかかるのだ。

d0137653_2248317.jpgそんな時に出会ったクロス張りの職人さんが聾唖者であることを知り、現場やホテルのロビーでお目にかかり、手話を勉強している私には大きな励ましになった。

黙々と作業を進めてくださる聾唖者の職人さん達の手を借りてこの建物が奇麗にお化粧されていくのだと思い、嬉しかった。



万座温泉 日進舘 トップへ
万座温泉 日進舘 宿泊プラン一覧ページへ
[PR]
by manza_mama | 2009-01-16 21:37 | 湯房物語(41)~(45)

湯房物語(44)

ド街ック天国

d0137653_15165075.jpg

皆さん!見ていただけましたか?
1月3日に「日進館」が放映されました。

な・なんと6位!!!

d0137653_1523231.jpg


温泉力 という言葉にも感激しました☆
タレントさん達も、「ここいいわぁ!」なんて声が聞こえたり、「日進館行きたいなぁ」などと言って頂いたり、嬉しさ爆発☆

翌日は、湯治コースのお問い合わせが沢山ありました。
もちろん、バイキングスタイルになった「日進館」にも足を運んでください!
平日はお安くなってま~す。。。

そうそう、
1月14日(水)、「湯房オープン一周年パーティー」を行ないます。
現在、ご予約受付中です。

d0137653_15553957.jpg

宝船さんのボイスコーラスもあり、ハーフビュッフェのお料理と飲み放題で¥13000です。
絶対来てくださ~い☆☆☆

新館「湯房」「万天の湯」1周年記念パーティー宿泊プランご予約

女性アカペラグループ「宝島」(8/28のフロアーショーの様子)


それから、1月17日の午後8時から、「土曜スペシャル」にまたまた「日進館」が放映されます。
今度はもっと長いです。絶対見てくださいね!


---湯房物語の続き---


10月を迎え、建築事務所もストーブが焚かれている。この頃は、窓周りの打ち合わせに時間を費やした。寒冷地であるがゆえに当然ペアガラスを使用することが決まっているものの、角部屋の寒さは半端でない為、全ての角部屋には断熱材を何十にも入れることが決まり、暖房を焚いたことによって生じる結露対策にも沢山の意見が出た。昭和54年に本館を建築した際、とにかく結露による雨漏りに苦労した苦い経験があるだけに、何とか問題点をクリアーしたいと願っていたが、こればかりは丁か半かやってみなければ解らないリスクもあり、祈るような気持ちだった。

客室のルームキーはどうするか、レバーハンドルの色や形状、家具等々使用材の色や寸法など、このあたりから、日本のものこと研究所の代表である木全先生の出番が多くなる。インテリアデザイナーという仕事はおしゃれであこがれていたけれど、センス以上に、多くの職人さん達を動かすエネルギーと忍耐が必要な事を学んだ。
d0137653_1625744.jpg

自分のイメージどうりに部屋や建物が出来上がっていく課程には、職人さん達との鬩ぎ合いがある大変な仕事なのだと感心した。

この頃から、客室内で使用する茶器や菓子鉢、ベッド、ソファーなどの見積もりを取る仕事が始まる。品目の多さに改めて驚いた事を思い出す。



万座温泉 日進舘 トップへ
万座温泉 日進舘 宿泊プラン一覧ページへ
[PR]
by manza_mama | 2009-01-05 15:18 | 湯房物語(41)~(45)

湯房物語(43)

年明けまして おめでとう御座います

d0137653_1581413.jpg



☆2009年1月1日☆d0137653_151337100.jpg
新しい年になりました。

今年は元気!やる気!本気!
頑張ります!

私は万座で30回目のお正月を迎えました。
数え切れない、「いらっしゃいませ」がありました。
言い尽くせない、「有難う」がありました。

私の失敗は私自身の努力不足!
私の成功は天の神様からの贈り物!


これからも、多くの方々との出会いの中で、沢山の「いらっしゃいませ」と「有難う」を大切に、感謝をもって今年も一年精進して参りたいと思っております。
何卒、宜しくお願い申し上げます。

皆様、豊かで笑顔いっぱいのお正月をお過ごし下さいませ。

d0137653_15173892.jpg



---湯房物語の続き---

5回目の定例会。実はこの頃、大変な変更がなされた。設計図だけでは良くわからないことが、段々立ち上がってから解ることもある。そんな事ではいけないのだけれど、柱が立ちヘルメットをお借りして2階、3階へと足を運んだとたん、私はショックで歩けなくなってしまった。

何と、特別室の方角が駐車場を向いている。おまけに、一番景色の良い方角の部屋には窓が無い。素人の私でも絶対これは変更しなければと思い、早足で現場事務所に行き、携帯で大野社長、専務を呼び出し、早速守谷商会に交渉をする。市川先生へも電光石火のような連絡で、間取りの変更が行われると言う前代未聞の変更劇があった。その時の工事部長の困惑した顔も忘れられないが、建築に携わる方々の緻密な作業ぶりに感動した。

d0137653_15351653.jpg変更になっても工期を遅らすことなく、仕入れ済みのサッシや壁材を無駄にすることなく、てきぱきと対応する姿に敬服した。施主の要望に応えようとするプロの集団に出会えた事を神様に感謝せずにいられなかった。さぞかし担当者の皆さんはご苦労だったに違いない。打ち合わせのほうも急ピッチで進んでいった。



万座温泉 日進舘 トップへ
万座温泉 日進舘 宿泊プラン一覧ページへ
[PR]
by manza_mama | 2009-01-01 14:40 | 湯房物語(41)~(45)

湯房物語(42)

ごわやさしい弁当

d0137653_17243813.jpg

カフェ「つま恋」の新メニューとして、近日お目見えいたします。

まめ・ごま・わかめ・やさい・さかな・しいたけ・いも

お弁当の中にこの7品目がおりこまれています。

昔、おばあちゃんがいいました。これを食べていると長生きするんだよ。。。

そんな声が聞こえてきます。
d0137653_20265775.jpg
すでに、しょうが焼き弁当は人気を博し、食べていただいた方も多いと思いますが、この度は健康志向の新しいバージョンです。

一日限定10食。¥1200円で御座います☆

宜しくお願いいたします。



---湯房物語の続き---

9月になり、標高の高い万座では秋を思わせる風が吹き始めていた。定例会は4回目を数え、仕上げ材のカラースキームや、建具の形状などサンプル材やカラーリストの本などが机に所狭しと載せられた状態での打ち合わせが続いた。今回の湯房にはシャワー室が併設される。いつもは、ある程度専門の方の意見をじっと聞いていることの多い私も、シャワーだけは椅子付の座ったまま利用できるシャワーを希望していたので、これからの高齢化社会に向けての必要性を熱弁したりした。
d0137653_20203453.jpg

勿論、その他にもこまごました決め事が山のようになり、辺りが暗くなってからも話し合いが続いた。そんな時に、ふっと外を見渡すと、万天の湯の方向に色鮮やかで悲しげな茜色の空が広がっていたのが見えた。新しいお風呂がここに完成すれば、多くのお客様に、この茜色に染まったパノラマの景色をお見せできるのだと、心から感動し、感謝した。

d0137653_2023682.jpg

見とれているのもつかの間で、窓のサッシ、窓拭き用の手すりの湯有無、浴場棟の排水や換気、連絡通路の接続方法、オイルタンク移設に伴う説明と行程、玄関の風除湿工事などなど、書ききれないほどの打ち合わせが行なわれた。



万座温泉 日進舘 トップへ
万座温泉 日進舘 宿泊プラン一覧ページへ
[PR]
by manza_mama | 2008-12-27 20:01 | 湯房物語(41)~(45)

湯房物語(41)

ケメンの宿

d0137653_18395832.jpg

きぉうはホットスパオールスターズの演奏がありました。
15年前から、市村総支配人を中心にジャズやブルースなどをロビーで演奏しています。
今では、泉堅さんの長男、次男も加わって、常連のお客様には大変好評です。
そんなバンド演奏を見て下さったあるお客様が、「この旅館は男前ばっかりやね~!」とおっしゃり、大変嬉しく思いました。

d0137653_18512098.jpg

これからは、 ☆ イケメンの宿 ☆ として人気が出ればうれしいで~す!

d0137653_18515056.jpg



---湯房物語の続き---

8月21日、ここから日本のものこと研究所代表の木全先生も参加され、内装に関する打ち合わせも始まる。全ての仕様はシックで落ち着いたものになるようお願いすると同時に、営業が始まってからは担当する係りが扱いやすいもの、清掃しやすいものを基本とした。更に、温泉も高台まで引湯し、浴室棟も立ち上げる為、湯房棟と並行して浴場棟の打ち合わせも行なった。

d0137653_19195857.jpgお盆の繁忙期を越えたこのあたりから、騒音の出る工事も予測され、その時の対処なども話し合われた。別館から湯房に繋がる通路の工事が優先される為、エレベータ工事が急ピッチで行なわれている。小さな箱ではあるけれど、その内装だけでも様々決める事もあり、エレベーターボタンの表示、位置、高さ、色など、決められた定例会の時間をとうに過ぎても、話し合いが続く。こうして一つ一つ気が遠くなるほどの作業と決断によって建築が進められる。これはいつしか私の喜びとなり、生きがいになっていた。



万座温泉 日進舘 トップへ
万座温泉 日進舘 宿泊プラン一覧ページへ
[PR]
by manza_mama | 2008-12-22 18:19 | 湯房物語(41)~(45)


万座温泉・日進舘女将が、湯房建設のエピソードをつづります。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧