万座 湯房物語



カテゴリ:湯房物語(6)~(10)( 5 )


湯房物語(10)


深い万座にも、やわらかな太陽の光が春を予感させ、玄関にある寒暖計も日中は摂氏2度。。。暖かな今日この頃です。

d0137653_15442977.jpg


d0137653_1694875.jpg近頃では自然環境を守る為に多くの方々が、色々な自然素材を使う取り組みをされていらっしゃいますが、万座温泉日進館に起きましても、新館「湯房」誕生とともに、シャンプー・リンス・食器用洗剤を「玉の肌石鹸」「ミヨシ石鹸」に変えました。

長寿の湯・万天の湯共にリンスインシャンプーはお年寄りの方やアトピー性皮膚炎の方にも優しい品に替え、ボディシャンプーは「せっけん泡のボディーソープ」をご用意しております。

肌への刺激が少なく、香料、着色料、防腐剤無添加なので、大変好評です。

d0137653_16134777.jpg
バックスペースにおきましても、パントリー内での洗い物は、「暮らしの重曹石鹸」を使用しております。

奇麗に気持ちよく洗いあがる事は勿論ですが、担当する客室係のおばちゃんたちの手荒れがなくなったと大好評!


ミヨシ石鹸 http://www.miyoshisoap.com/

あまりにも評判が良いので近々売店で販売いたします。覗いてみてください!



そろそろ薄着の季節を迎えます。私も お肌のお手入れ しなくっちゃ♪♪♪


---湯房物語の続き---

旧日進館のお風呂は全て万座川の川沿いを走るように建っていた。万座は何処を掘っても温泉が湧き出すほどの土地であるから、特に湯畑の近くは源泉の上に建物が建っているようなものである。だからこそ高温で白濁し、匂いが物語っているような本物の温泉に入れるのだが、もしまた再び同じ場所で水害でもあれば、同じ危険にみまわれる可能性がある。

自然災害は周期があると言われているが、リスクを回避する事が最優先事項と考える。その為、源泉から少しでも近くて安全な場所と言うことで、旧日進館の帳場があった辺り(第二別館)の跡地が候補にあがった。当館の全景写真でいう極楽湯からお薬師さんに向かう坂道のところ。

d0137653_16492726.jpg多くのお客様に好評を頂き、沢山のTVにも紹介された「露天風呂極楽湯」も新しいお風呂と一緒に生まれ変わることになる。。。良いのか悪いのか判らなかったけれど、大掛かりな設計図が完成した。



万座温泉 日進舘 トップへ
万座温泉 日進舘 宿泊プラン一覧ページへ
[PR]
by manza_mama | 2008-03-12 16:06 | 湯房物語(6)~(10)

湯房物語(9)


々のブログ更新になります。

何かと出かける事の多かった先週と今週でしたが、湯房も立ち上がり、ようやく慣れてきたところでしたので、「宿泊施設と情報バリアフリー」というセミナーに参加してまいりました。

主催は社団法人東京都聴覚障害者連盟ベターコミニケーション研究会で、以前から御世話になっている中園秀喜氏が熱心に勧められているプログラムです。

こちらも紹介↓
株式会社ワールドパイオニア(中園秀喜社長)
http://www.wp1.co.jp/


聴覚障害者の場合は外見上健聴者と代わりが無い為に障害と言う理解が低くく、何処に行っても楽しめないばかりか、手話を使っただけで奇異な目で見られたり、遠慮がちに障害者手帳を提出したとしても、車椅子専用ルームを提供されたりと、私達にはわかりにくいご苦労があるようです。日進館でも大きな理解と、少しづつでもバリアフリーに向かう努力が必要である事を学んで参りました。

d0137653_18493767.jpg湯房を含め、当館の客室は一段上がる設計になっておりますので完全バリアフリーでは在りませんが、車椅子で御越しのお客様にはフロントから近いところにあるお部屋をご用意する事ができます。


更に、円満の湯」は貸切温泉になっていますし、車椅子が利用できる仕様のトイレットで御座います。

聴覚障害のお客様には、振動式トラベルウォッチ・合図君・筆談ボード・文字放送アダプターのご用意が御座います。(事前にセットしますので、ご予約時にお申し出下さい)

簡単な手話が出来るスタッフもおりますので、是非御越し下さい。
設備が十分でない部分につきましては、スタッフの人力でカバーしたいと思います。

d0137653_1415042.jpg

手話をするフロント課(営業):竹渕信幸


3月になりました。もう直ぐ春ですね♪
豊かな春をお迎えくださいませ。



---湯房物語の続き---

2002年夏の終わりに、一つの事件が起こる。d0137653_1840589.jpg

水害の後の場所での事故だけに、私達は大きなショックと、温泉周辺の整備に力を入れようと話がまとまる。客室が中心である「湯房」より、温泉を整備して、他の温泉地に無いような大掛かりな浴場棟を作りたい。経営者4人の心が固まった。豊富な温泉を活かした広い浴場棟を作り、白根山まで多くの観光客がいらしている現実があるのだから、日帰り入浴客の確保に力を入れ、災害で失った建物を新しくし、苦湯をメインとした限りなく源泉に近いお湯を提供し、休憩室も完備した浴場棟を作る計画が始まった。


万座温泉 日進舘 トップへ
万座温泉 日進舘 宿泊プラン一覧ページへ
[PR]
by manza_mama | 2008-03-01 18:11 | 湯房物語(6)~(10)

湯房物語(8)

才画家。

「 浅井力也 」 をご存知でしょうか。。。
ハワイ在住の23歳の青年です。

浅井力也 プロフィール
http://www.wlpm.or.jp/forest/canvas/rikiya.htm


d0137653_19441495.jpgTVや雑誌などで目にされた方もいらっしゃると思います。
生まれつき障害者として生きてきた彼の神様のプレゼントは絵の才能と一瞬にして相手の心を虜にしてしまう笑顔なのでしょうか。。。久々の再会でしたが、益々ハンサムで素敵な青年になっていました。

d0137653_1945396.jpg
障害者の子供を持つ母親はどんなに大変な事でしょう。

彼のママ、浅井三和子さんも素晴らしい女性です。
美人で気さくで頑張り屋さんなのですが、私達がハワイに伺う度に手作りのパーティーを開いてくださり、大変美味しいお料理を作ってくださる素敵な方です。

d0137653_19534766.jpg私の娘とRIKIが友達と言うことも有り、2月8日のRIKIの絵画展にも親子で伺いました。
前回のブログにも書きましたが、3月3日にTBSテレビで紹介されます。彼と彼の家族の愛を描いた映画も予定されているようです。
たのしみ!!!

浅井力也君の絵をご覧にないたい方は、万座温泉にいらして下さい。
日進館のどこかに飾られています。
えっ?どこかって???

d0137653_19462757.jpg
ヒントは。。。おなじみのレストランの入り口で~す。
チェックしにいらしてくださ~~~~い♪



---湯房物語の続き---

そろそろ、本格的に湯房についての具体的な話を始めなければならない。水害があろうと無かろうと、旅館業というのは施設産業であるから、大掛かりな新築は無いにしても、毎月いらしてくださる顧客さんや、送客してくださる旅行業者さんには、少しでも変化があることが望ましい。

d0137653_2022370.jpg例えば、客室のリノベーションであるとか、壁紙の張替え、レストランの家具を入れ替えるなどが必要なのだ。勿論、意匠的な変化で目で見て直ぐにわかるものは、お金がかかってもお客様が褒めてくださったり喜んでくださるから張り合いになるが、大金をかけて浄化槽を整備したり、雪害で痛んだ屋根を直しても「いい屋根がかかったね~」とは言われるはずも無く、支払いだけが重くのしかかる。これが旅館の宿命であるのだ。

さりとて、次世代にバトンを渡す時に、このまま古い施設だけを引き継ぐのか。。。そんな事を考える毎日だった。


万座温泉 日進舘 トップへ
万座温泉 日進舘 宿泊プラン一覧ページへ
[PR]
by manza_mama | 2008-02-13 20:03 | 湯房物語(6)~(10)

湯房物語(7)

話。

2月2日午前11時30分。
私は日本橋の三越劇場にいました。
演目は「浅草物語」・・・座長は手話のオーソリティー、女優の 花井紫さん です。
昨年は鬱病、今年は臍帯血がテーマになっており、涙あり笑いありの本当に心に残るしっかりした舞台でした。
d0137653_20313927.jpg
花井さんと私の出会いは、かれこれ10年くらい前になるでしょうか。。。
当時は、まだまだ聴覚に障害を持った方への理解が薄く、コミニケーションの手段もどうして良いのかわからない方が殆どで、聾唖者同士が手話で話しているところを見ると、奇異に思う方も多くいらしたと記憶しております。仕事柄私は、時折お見えくださる聾唖者のお客様の為に何か出来る事はないかとか、筆談以外のコミニケーションは無いのかと思っていたところ、花井さんに出会い、彼女の指先が手話表現する言葉の美しさに心を打たれ、そこから私のにわか勉強が始まりました。

d0137653_2115666.jpg近くに手話サークルなど無かったので、ビデオや本を買って勉強したり、お客様としてお泊り下った聾唖者の方に教えて頂いたりしました。

☆最近使っている本
●わかりやすい手話辞典―日常会話でよく使う約2000語の日本手話を収録


d0137653_21163139.jpg
手話を覚え始めると「手話の出来るおもしろい女将がいるらしい。。。」ということで、沢山の聾唖者のお客様にご来館いただいております。(当館は伝言ボード・お知らせ君・文字チューナー完備)



d0137653_20382672.jpg花井紫さんは、プロの女優さんですが、演技経験の無い聾唖者の皆さんもご一緒に「は~とふるはんど」という劇団を立ち上げ、手話芝居を7年間も続けて公演されていらっしゃいます。
人情劇あり、歌あり、ダンス有りの素晴らしい舞台です。今年は終わってしまいましたが、来年の2月も公演があります。皆様、絶対いらして下さいね!

花井紫&は~とふるはんど http://www.heartfull-hand.com/index.html


d0137653_21333289.jpgさてさて、その三越劇場にハワイ在住の天才画家「浅井力也(RIKI)」君と彼のママと御一緒させて頂きました。
小児麻痺で生まれた彼はうまく言葉が話せません。日常的なママとの会話は、手話を使っているのです。
浅井力也君のお話は次回のブログでたっぷり書かせていただきますが、RIKIは3月3日夜23時30分~やっている「ニュース23」(司会:筑紫哲也)で特集されますので、よろしかったらご覧下さい。

万座はマイナス9度です。
皆様風邪などひかれませんよう、お気をつけ下さい。




---湯房物語の続き---

d0137653_2164159.jpg暦は2002年。。。雪の多い年だった。

2月のある日、何日も続く吹雪に気がめいる毎日だった。
「太陽はどんな形だったっけ?」などと皮肉なジョークでも言いたくなるほど毎日毎日うす曇の重い空から降り続く雪。

それどころか夕方からは風が出てきて毎晩恐ろしいような吹雪が続いた。
2月19日の早朝、露天風呂の極楽湯の男女の仕切りが倒れたとの報告が入る。

手で押してもびくともしない頑丈な板が倒れる程の仕切りが倒れてしまう現実に、風雪の凄さを感じる。当然、湯治場の旧日進館の温泉は閉鎖せざるを得ない。

湯房を計画する中で、温泉を提供すると同時に、安全も提供するのだと言うことを肝に銘じた出来事だった。


万座温泉 日進舘 トップへ
万座温泉 日進舘 宿泊プラン一覧ページへ
[PR]
by manza_mama | 2008-02-07 21:43 | 湯房物語(6)~(10)

湯房物語(6)

中お見舞い申し上げます。

2008年のスタートは何かと忙しく、イベントが続きました。
昨日、ビクターレコードの山田龍二・大輔さん親子がご来館くださり、「歌仲間新年会」を行ないました。

d0137653_15425237.jpg山田龍二&大輔オフィシャルサイト
http://www.ryuji-daisuke.net/diarypro/diary.cgi


メンバーの中には、歌手の松島アキラさん、ものまねの後川清さんなどがいらしていて、華やかで楽しい会でした。


d0137653_1528379.jpg


d0137653_1543389.jpg
特に、後川清・・・前川清さんのそっくりさんですが、本当によく似ていらっしゃいます。

これから当館のフロアーショーにもご出演くださる約束を致しました。カルチャーカレンダーをチェックして、是非見に来てください!!!

間もなく2月・・・節分です。
「鬼は~外!」 「福は~内! 福は~内! 福は~内! 」
今年もいい事一杯ありますように。。。




---湯房物語の続き---

d0137653_16405167.jpgこんなトップシーズンにお客様が一人も居ないなんて!不安を感じながらも、台風の後始末に追われる毎日。社員総出で温泉の復旧作業を行なったこともあり、9月15日に温泉が出始めた。スタッフは周辺の片付けや営業再会に大忙し。その間私達4人の経営者は、壊れた建物をどうするかを含め、今後の営業についての話し合いが連日続けられた。「湯房」の計画は。。。

普通の旅館なら、災害にあったのだから直ぐに新しい建物を建てて売り上げを挽回しようと思うのだろう。ところが私達の出した結論は当初の建築計画を縮小し、災害で使えなくなった寮の部分だけを建てようということだった。スタッフの惜しみない作業のお陰で5日間の休業ですんだものの、営業を再開しても万座温泉ホテルの周辺には生々しい傷跡が残っているし、川沿いの温泉は「ラジウム湯」と「鉄湯」が残っただけで、当館の生命線である「苦湯」の建物は一番の被害を受けていた。それでも源泉を守る事ができただけでも奇跡的といえるのかもしれない。その苦湯を「長寿の湯」に引湯することになった。

d0137653_165191.jpg

災害直後の“苦湯”


私達はそれが精一杯の方策であったけれど、ご常連のお客様からは残念というお言葉を多くいただき、お客様の前に出るのが苦しい毎日であった。

災害時の緊張がいつまでも体に染み付いていて、とても新築に着手するような心持に慣れなかった事もあり、「湯房」の夢が遠くなった。


万座温泉 日進舘 トップへ
万座温泉 日進舘 宿泊プラン一覧ページへ
[PR]
by manza_mama | 2008-01-28 15:20 | 湯房物語(6)~(10)


万座温泉・日進舘女将が、湯房建設のエピソードをつづります。
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30