万座 湯房物語



カテゴリ:湯房物語(11)~(15)( 5 )


湯房物語(15)


人の来た道

d0137653_16534621.jpg1936年5月15日。

種田山頭火翁が「日進館」に泊まったとの記載があります。

奥の細道で知られる芭蕉が陽ならば、山頭火は正に陰のイメージではないかと思うのですが、どの資料に目をとうしても、行乏の旅であったように思います。

物が豊かな時代では生まれなかったであろう、心の奥から湧き出すような言葉が、現代に棲む私たちの琴線に触れるのでしょうか。。。

d0137653_17565850.jpg

以下は 『山頭火 日記(六) 春陽堂書店』 より引用



d0137653_17143687.jpg5月15日

まことにしづかな道だつた、かつこうもうぐひすもほうじろもよく啼いてくれたが、雪のあるところはすべるし、解けたところはぬかつているし、はふたりころんだり、かなり苦しんだ。
残雪食べたり、見渡したり、雪解けの水音を聴いたり、ぢつと考えこんだり。
山、山、山、うつくしい山、好きな山、歩き慣れない雪の山路には弱つたが、江畔おくるところの杖で大いに助かった、ありがたしありがたし。

<中略>
d0137653_1722888.jpg
やうやく一里あまり下ると、ぷんと谷底から湯の匂ひ、温泉宿らしい屋根が見える、着いたのは三時だった、何と手間取つたことだらう、それだけ愉快だつた。
とりつきの宿-日進館といふ、私にはよすぎる宿に泊まる、一泊二飯で一円。
すべてが古風であることはうれしい、コタツ、ランプ、樋から落ちる湯(膳部がいかにも貧弱なのはやつぱり侘しかつたが)、何よりも熱い湯の湧出量が豊富なのはうれしい。

 ぐんぐん湧きあがる熱湯が湛へて溢れる湯けむりを見よ。

d0137653_17165138.jpg

d0137653_18252958.jpg旅館は並んで二軒、離れて一軒、どれも相当大きい、たゞし今頃は閑散季で、ゆつくりとしづかである。
自炊式であることはよろしい。給仕してくれないのが私には気楽でよろしい。
さつそく洗濯をする、それから髭を剃り爪を切る、さつぱりする、あかるくなる。
だんだん雲つてきた、とかく山国は雨になりがちだ、明日もまた降るかも解らない。
 山国と味噌汁、朝も汁、晩も汁だ、汁はわるくないが、その味噌が臭くて酸つぱいと弱る。
ねむれないので夜ふけてまた入浴、誰もいない薄くらい湯壷にずんぶりひたつて水音に心を澄ます、・・・・・内湯のありがたさ、山の湯のありがたさである、・・・・・よくねむれた。

d0137653_18264628.jpg 万座よいとこ、水があふれて湯があふれて。
 昔風で行き届かないやうな、気のきかないやうな昔ぶりがうれしい。
 遠慮のない、見得を張らないで済む気安さ。
 のんびりとくつろげる。

 苦湯へ下って一浴びしなかつたことは惜しかつた、その豊富な素朴な孤独味を知らなかつた(長野で北光君に教へられて残念がった)。
草津は金持ちと患者とが入湯するところだらう、万座はしづかに体を養ひ気を吐くところである。プロでもブルでも。
古来からの有名さと交通の便利さとが草津を享楽卿とし、また療養地とした、たしかに草津の湯は効く、浴してゐるといかにも効くやうに感じる。
万座は交通の不便で助かつてゐる、草履穿き杖をつかなければ登つて行けないところに万座のよさの一つがある。

d0137653_18455760.jpgこんこんと湧いてなみなみと湛えてそしてどしどし溢れる温泉のあたゝかさ。
この湯宿は案外田舎式であるが、そこによいところ好ましいところがある。ヘマなサービスぶりにもかへつて愛嬌がある。
朝の膳に川魚のカツレツが載せてある、ちようど草津の宿で、夕飯としてカレーライスをどつさり出されたやうなものだ、おかしくもあり、いやでもあり、珍妙々々。
私が温泉を好むのは、いはゆる湯治のためでもなく遊興のためでもない、あふれる熱い湯に浸って、手足をのびのびと伸ばして、とうぜんたる気分になりたいからである。
豊富な熱湯、閑静な空気が何よりだ。

  水音がねむらせないおもひでがそれからそれへ   種田山頭火


山頭火さん・・・・70年経った今でも、お湯を守りながら、へまなサービスぶりのまま、日進館は息をしています。多くのお客様に励まされながら。。。



---湯房物語の続き---

長い休暇を頂き、自分の住む環境がいかに恵まれていたかという事にも感謝しながら年末年始の準備をしていた頃、急激に腹痛を覚え、発熱、下痢、嘔吐。。。こらえきれずに吾妻総合病院に行き看て頂いた。熱が9度2分。立つことも出来ない状況の中で、即入院かと思いきや点滴の後、解熱剤を頂き帰宅。日付は12月29日になっていた。

こんなことでお正月働けるのだろうかと不安になる。それでも起き上がれないのでお薬を飲みながら自宅で休んでいるところに、保健所から「法定伝染病赤痢」です。至急、全館消毒に伺います。との知らせ。目の前が真っ黒と言うか、真っ白と言うか。。。明日は2003年元旦。今日も明日も五百名以上のお客様がお泊り頂いている。全館消毒と言う事になれば、お客様に多大な迷惑をお掛けするどころか、万座温泉全体にも迷惑がかかり大事になるだろう。新築どころの騒ぎではない。賠償金やら保障金が頭の中を駆け巡る・・・

d0137653_239686.jpg

          旅館業掟破りのカミングアウト 感染症患者届出受理通知書(左) 消毒命令書(右)

色々悔やまれたが、私のせいで「倒産」するのだ。「助けてください!」私には神様に祈るしかなかった。


※この物語は2002年12月~2003年1月の回想物語、過去のお話です。現在ではございませんのでご安心くださいませ。


万座温泉 日進舘 トップへ
万座温泉 日進舘 宿泊プラン一覧ページへ
[PR]
by manza_mama | 2008-05-15 21:07 | 湯房物語(11)~(15)

湯房物語(14)


咲く

d0137653_22154966.jpg

  今年のGWも、多くのお客様にご来館いただきまして、
  誠に有難う御座いました。


万座ハイウェーの途中には、ところどころに薄ピンクの花をつけた大山桜が咲いております。

d0137653_22233859.jpg

五月に桜?と思われる方も多いと思いますが、それどころか残雪も沢山残っております。

d0137653_2229067.jpg

五月に雪?と思われると思いますが、どちらも標高1800メートルの万座に向かうからこその醍醐味です。

d0137653_23193377.jpg今回、新館「湯房」を建築し、自然を破壊しないよう環境省の方々とも何度も打ち合わせを行ないながら事を進めて参り、国立公園第一級に位置する万座温泉の周辺に群生する木々に少なからずの迷惑をかけて竣工しましたから、今後はその償いもこめて、自然環境を守る側に徹する使命を感じております。一個人、一企業に何が出来るのかは分かりませんが、この環境に見合った樹木を建物周辺に植樹し、今後益々進むであろう地球温暖化を阻止するべく努力と愛情の必要性を痛く感じました。


d0137653_2320829.jpg私個人の一番好きな花。。。お誕生日の頃いつも咲き乱れている花。。。「桜」に思いを寄せ、何年か先に雲上の万座温泉で、6月のお花見を夢見ております。

d0137653_23205255.jpg
実は、そんな夢のヒントを与えて下った方がいます。

すでに、私のブログでご紹介させていただいた、守谷商会さん、手前味噌で何ですが、当館社員のネイチャー木村こと木村道紘氏。

女性よりも男性の方が、ロマンティックでデリケートだと聞きますが、本当にそのとおりだと思いました。

更に、植樹で御世話になる楽月園の社長さんは、初対面の時に、

危ない人なんじゃないかな?? と思ったのですが(社長ごめんなさ~い)


やっぱり危ない人でした。。。



嘘・嘘! 本当に職人気質のプライドのある男らしい方で、感動しました。

素敵なロマンティスト達に囲まれて、本当に幸せです。

「人生は出会いで決まる」と申しますが、本当にそのとおりだと思いました。

このゴールデンウィーク、皆様にはどんな素敵な出会いがあったでしょうか。。。

d0137653_230158.jpg



---湯房物語の続き---

長いフライト時間も苦にならずにニューデリーに到着。それもそのはずで、食事以外の時間は殆ど寝ていた程に疲れていた。その時は仕事疲れだと思い込んでいたために、次回からも海外旅行の時は、徹夜明けに限るなどと呑気にインドでの10日間が始まった。

d0137653_1992010.jpg

もともと神経質な私は誰よりも多くのウエットティッシュを持ち、お水も殆ど口にせず、ウエイターに失礼とは思いながらも、食器やグラスを全部拭いてから食事を頂く感じの悪いお客であったにもかかわらず、旅の後半には少しずつ体調を壊し始め、日本に帰る飛行機の中ではぐったりとして、何故か涙が出て出て、自分でも悲しくも無いのに何故こんなに涙が出るのだろうと不思議だった。成田に付いた時には、寒気もしていて、風邪を引いたのだと思い、沢山の風邪薬を買い求め、万座まで帰った。日付は12月25日になっており、クリスマスの華やかさに励まされ、これから頑張るぞと気合をいれ仕事を再開した。


万座温泉 日進舘 トップへ
万座温泉 日進舘 宿泊プラン一覧ページへ
[PR]
by manza_mama | 2008-05-07 23:40 | 湯房物語(11)~(15)

湯房物語(13)


将と走ろう嬬恋ロード

d0137653_21195942.jpgあっという間に桜のニュースが静かになり、間もなくゴールデンウイークですね。

年をとると一年が早いと申しますが、本~当にそうだと思います。


さて、暫くブリのブログですが、皆様に無謀なお知らせが御座います。


    な ・ 何と私は



「嬬恋高原キャベツマラソン」に出場する事になりました♪♪

-万座温泉日進舘は嬬恋高原キャベツマラソンを応援します!!-
http://www.manza.co.jp/event/marathon/20080601.html



6月1日に10キロ走ります。

日頃運動不足の私がどこまで走れるか。。。でも、参加することに意味がある!完走する事に意味がある!目立つ事に意味がある!

d0137653_2004623.jpg色々考えておりましたら、長男のお嫁さんからバースデープレゼントにマラソンシューズをプレゼントされ、嬉しさのあまり自宅のリビングでも履いたりして、今から楽しみにしているところです。



d0137653_200217.jpg当日は、スタッフやお客様と共に、背中に「日進館」というロゴの入ったユニホームを着用し、長男夫婦の愛のこめられたシューズを履き、短パンに身を包み



・・・嘘です!それだけは皆さんに不快な思いを与えてしまいますので、汗をいっぱいかけそうなダイエットパンツでも買おうかなと考えているのですが。。。


d0137653_2126295.jpgとにかく、当社きってのマラソンランナーである戸田君(全国の100キロマラソン完走者)にトレーナーをお願いし、何とか10キロ走りきりたいと思っております。

このブログをご覧になり、是非ご一緒にと思われる方がいらっしっしゃいましたら、4月30日までに万座温泉日進館の本多・戸田・木村までお申し込み下さい。
TEL 0279-97-3131





---湯房物語の続き---

2002年12月8日日曜日。日比谷のレストランキャッスルで泉堅のクリスマスディナーショーが開催された。
d0137653_1956951.jpg

一年に一度、日進館の顧客の皆様、泉堅を応援してくださる皆様、友人、知人にお集まりいただいて賑やかに華やかに感謝会を行なっている。早くから予定していた為か、会場には入り切れないほどの盛況ぶりにホット胸をなでおろし、いよいよお休みに入る準備に取り掛かる。

日程は12月14日から24日までの10日間の旅。一年のうちで最も忙しい年末年始を控えての休暇であるから、更に気ぜわしい中で睡眠時間の少ない数日間を過ごす。当然帰国すればクリスマス。お正月と待ったなしの仕事がある為、出発までに考えられる限りの段取りを行なった。お客様にもスタッフにも迷惑がかからないようにと必死だったことを思い出す。目の前に旅行があったので、辛いとか眠いとか思わなかったのも思い出す。

何と。。。行き先はインド。今思えば無謀だったように思うけれど、その時はどこまでも遠くに旅したかった。



万座温泉 日進舘 トップへ
万座温泉 日進舘 宿泊プラン一覧ページへ
[PR]
by manza_mama | 2008-04-20 18:47 | 湯房物語(11)~(15)

湯房物語(12)


体験。

3月25日快晴。
兼ねてよりチャンスを待っていた私に絶好の機会が与えられました。。。。スノーシュー♪♪

d0137653_1918408.jpg

d0137653_1852654.jpg30年近く国立公園指定第一級地区に住んでいながら、じっくりと森に入った事も無かったですし、カラマツ天然母樹林なるものも見たことも無く、一人で自然の中に入って行く勇気も無く過ごしておりましたが、森林インストラクターの資格を持ち、万座でエコツアーを定着させようと取り組む当館社員の木村道紘君の案内で現実のものとなりました。


d0137653_187241.jpg青というよりも藍に近い空。一面の真っ白い雪。スノーシューの音を道ずれに森の中に入っていきました。

夏季は笹が生い茂り、雪のある今しか歩行できない場所に立ち入りました。

森は何処までも深く、雄大です。日頃車の中からやり過ごしていたその場所に自分が立っていることの不思議を感じました。

スノーシューも初体験でしたが、思ったより歩きやすく、快適でした。

d0137653_18212261.jpg最初に私を迎えてくれた暴れ木(仁王松)は、この森の門番。まっすぐ空に向かって伸びているシラビソは美しく荘厳ですが、個性のある木の方が力強く印象的であると思いました。

d0137653_18171229.jpg奥へ奥へと進んで行き、母なる木々に挨拶をし、大きく開けた丘ではお茶とお菓子(白樺物語)を頂き、約2時間半のスノーシューツアーを終えました。

思ったより全然疲れないし、寒くないし、あっという間に時が過ぎていました。

  そ れ で 。。。。


d0137653_1842890.jpgこの事をお一人でも多くの方々にお知らせしたい、体験していただきたいと思い、何と翌日も、お客様とスタッフをお誘いして同じコースをたどりました。


d0137653_18443754.jpgその日は生憎の天候で、出発時は小雪が舞い散っておりました。進むにつれ雪はどんどん降り積もり、霧も出ていましたので短時間の探索でしたが、木立で休んだ時に頂いたお茶とチョコレートは、ひとしお美味しくいただけました。降りしきる雪の中に私たちだけでしたので、まるで遭難救助を待つような体験もできました。

d0137653_18465921.jpgそれでも、雪が降りしきる中でのスノーシューは野趣に溢れ、時が止まってしまったかのように感じる静寂の中で自然に触れる事は自分自身を清め、見つめる素敵な時間でした。

今年はもう直ぐそこまで春がやってきておりますので、来冬シーズンから多くの方々をご案内できたらと考えておりますので、楽しみにしていてください。



スノーシュー、及び嬬恋村の自然について詳しい事をお知りになりたい方は
是・是・是非 ネイチャー木村 のホームページをご覧くださいませ。



---湯房物語の続き---

相変わらず忙しい毎日を過ごしていたが、なかなか進まない浴場棟の計画や、事故のショックで物事を建設的に考える力や、前向きに捉える気持ちが無い日々を送っていたように感じる。

今で言う鬱状態とでも言うのだろうか。自分でも自覚できるほどのことであるから軽度のことであるけれど、気が付いたら体重が短期間の間に4キロも減っていた。様々なことが気になりながらも、少し休養が必要ではないかと主人に言われ、たまには海外旅行でも行こうと誘われる。。。そしてこの旅が、又又驚くようなことが起こるのだから私の人生は飽きることが無い。



万座温泉 日進舘 トップへ
万座温泉 日進舘 宿泊プラン一覧ページへ
[PR]
by manza_mama | 2008-03-27 17:56 | 湯房物語(11)~(15)

湯房物語(11)


な書道。

近頃はワープロやパソコンの普及で手紙を書く方が少なくなったと聞きます。

d0137653_2127272.jpg私も出来ればメールや電話でお返事したい人の一人なのですが、ある方・・。この方は「日本のものこと研究所」の代表でいらっしゃる木全恵美さんですが、後日改めて特集ページを作って全世界にご紹介したい素敵なスーパーレディーなのですが、その方のご縁で「かな書道」と言うものに出会いました。

先生のお名前は栗林光雨先生。大和撫子を絵に描いたような素敵な先生です。

子供の頃、お習字に通ったり、学校で習ったりした方も多いのではないでしょうか。暫くぶりに墨を摩り、真っ白い半紙の前に座り、書き始めると、子供の頃は感じなかった「書」「墨」「筆」の何ともいえない奥の深さにやっとこの年で分かったような気が致しました。

こんなにも美しく、魅惑的で楽しいものなのかを感じさせてくださった栗林光雨先生に五十路の手習いで月に一度お稽古に通わせていただいております。


そんな出会いの中で生まれたのが、新館「湯房」の客室に飾られている額の「書」でございます。
d0137653_2135497.jpg

万座にちなんだ木々の一文字を栗林先生にお書きいただきました。(上は「」)
一筆一筆表情の違う字を客室に飾る事ができ、大変嬉しく思っております。


d0137653_21582083.jpg

  これは、





d0137653_21431167.jpg

  これは、





d0137653_2224866.jpg

  これは、ブナ







d0137653_22564947.jpg
当館には森林インストラクターの資格をもっているインタープリタースタッフがいて、その一文字についてのご説明もインフォーメーションの中に入れさせていただいております。



d0137653_22142899.jpg


万座では 朝日山から太陽が昇り 一日がはじまる
この山の主であるゴヨウマツ(五葉松)は樹齢500年
群馬一の巨木
万座のマツ属 チョウセンゴヨウ(朝鮮五葉) ハイマツ(這松)も同じく葉は五枚
そして薬効高い万座の山菜コシアブラ、タラノメ、ヤマウドなどはウコギ科(五加)のグループ
長寿と健康に 万座の“五”が とても深く関係している
太陽の恵みに感謝して 今日も良い日でありますように
日進舘インタープリター 木村道紘



人生は出会いで決まるといいます。
出会うときは小さなきっかけでも、後で大きなご縁に結びつくのだなぁとしみじみ思います。

湯房にお泊りの際は「額」のチェックを忘れずに!



---湯房物語の続き---

今回の設計も万座を良く知り、温泉建築の経験も豊かな市川総合設計事務所の市川先生にお願いする事が決まり、浴場棟の設計図を眺めてはああでもない、こうでもないと意見を出し合った。


d0137653_231166.jpg湯量の豊富な万座だからこそ出来る、風呂めぐりが楽しいお風呂にしよう。建物の基礎を上げて、万座の景色が一望できるお風呂にしよう。その建物の中で軽食が取れたら良いのではないか。次々に夢のある意見は出るのだが、何故か私の心に平安は無かった。安全を第一に考えてスタートしたこの計画は、盛り上がっては消え、消えては又盛り返す湯房計画から少しずれてきている事を感じ始めていたからだろうか。。。


夏に起こった事故についても心が整理できない中で、いつしか私の中に旅館業を続けていく事へのの恐怖心さえ芽生えていたように思う。それでも日々の仕事は待ったなし。感謝な事に連日多くのお客様がいらしてくださり、ルーティーンの仕事に追われていた私は、気が付いたら頭に500円玉大のはげが2箇所出来ていた。ドンマイドンマイ!20年前にも同じような禿が出来たことがあったことを思い出した。人はストレスを溜めると体の一番弱い所に出るんだと誰かが教えてくれた。だから私は頭に出たんだなぁと妙に感心した。

d0137653_8334135.jpg

万座温泉 日進舘 トップへ
万座温泉 日進舘 宿泊プラン一覧ページへ
[PR]
by manza_mama | 2008-03-15 21:22 | 湯房物語(11)~(15)


万座温泉・日進舘女将が、湯房建設のエピソードをつづります。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧