万座 湯房物語



カテゴリ:湯房物語(26)~(30)( 5 )


湯房物語(30)

を経て

d0137653_17175255.jpg先日、お客様から貴重な品を頂戴致しました。

50年前に、万座に修学旅行でいらしたその方は、旧万座温泉ホテルのお泊まりくださり、その当時手に入れたフラッグを大切に保管していてくださったのです。久し振りに万座にお見えくださり、「僕が持っているより女将さんに持っていただいた方がいいと思って持ってきたよ!」とプレゼントしていただきました。

確かに50年前の証拠として、1958年と印刷されています。

私が1957年生まれですから、このフラッグとほぼ同じ時を刻んでいます。


この仕事をさせて頂いていて、本当に感謝な事は、長く続けてこれた事にあります。どんな業績を上げた企業でも、歴史はお金では買えません。創業150年の日進舘は、多くのお客様と従業員に支えられ、今があります。

d0137653_1751057.jpg

お見えくださったお客様お一人お一人にそれぞれの思い出があり、こうして何年もの間、日進舘を大切に思って下さる方がいます。
本当に感謝な事です。

ある講演会で「商いは飽きない」色々大変な事もあるだろうけど、諦めずに続けなさい。と言われたことを思い出しました。



---湯房物語の続き---

d0137653_1872655.jpg2006年6月10日、次男の丈条二からの電話で実家の父が交通事故との知らせが入る。。。大腿部骨折との事で、命に別状が無いことを知り安心したのもつかの間、今度は設計の市川先生が入院との事!驚いている暇も無く、アシスタントの石原さんに御協力頂き、いよいよ、環境省立会いの下、6月15日「綱張り」が始まった。そして、翌16日には守谷商会、設計事務所、施主、環境省で、建物位置の協議が行なわれた。綱張りの日は雨が降りしきる寒い日であった事を思い出す。恵みの雨になることを祈っていた。



万座温泉 日進舘 トップへ
万座温泉 日進舘 宿泊プラン一覧ページへ
[PR]
by manza_mama | 2008-10-17 17:15 | 湯房物語(26)~(30)

湯房物語(29)

心と秋の空
d0137653_14591721.jpg

紅葉真っ只中の万座温泉です
d0137653_15324279.jpg
秋の空にたとえられる男の心
一晩に七たび温度が変るから、そんな例えになったとか。。。
それとも、一度に沢山の色に木々を染めるから?
もしかして、女心と秋の空だったかしらん?

男心が変るのは世の常だから、やっぱり女心のような気がします!

さて、万座の気温は平均6度~9度です。
今年は紅葉が色鮮やかで、「うわ~っ☆」っと声が出るくらいです。
是非、お出掛け下さい。

d0137653_15331777.jpg



---湯房物語の続き---

実際に走り始めてみると、様々な許可申請があった。特に国立公園内に新設する道路、看板などの工作物から建築物を対照に規模、営業形態、管理責任者、事業内容などを話し合い、シュミレーションした内容を全て申請し、許可を受けるのだが、話し合いをしているうちに更に変更などが出たりで、次から次へと申請書類が増えていった。

d0137653_15492572.jpg更に、硫化水素に対する安全対策や、国有地内での事業であるので、借地をする事になり、計画に必要最小限の土地使用を申請するが、借地面積が10,000平方米を超えない事が要求され、建物と建築法の整合、そして県の都市計画法によって合法的な敷地形状で提出する必要もあった。

同時に、地盤の調査、測量など、平行して行なわれた。



万座温泉 日進舘 トップへ
万座温泉 日進舘 宿泊プラン一覧ページへ
[PR]
by manza_mama | 2008-10-10 15:42 | 湯房物語(26)~(30)

湯房物語(28)

元  日進舘

昨日、万座温泉は初冠雪でした。
あんなに暑い夏を過ごして来たのに、もう白いものがチラホラ。。。
9月に初雪なんて何年振りでしょう~と考えていました。

さて、ようやくなんですが、正面玄関に日進舘の看板がかかりました。
d0137653_15265133.jpg

長い間待った甲斐があり、木目の美しいブビンガに出会い、職人さんの手で大切に彫られた大看板です。

d0137653_15285429.jpg


これから、どんなに玄関の姿が変ろうとも、人が変ろうとも、この看板がお客様をお迎えします。
そして、多くのお客様と一緒に、思い出を刻んでいく事でしょう。
どうぞ、宜しくお願い申し上げます。

d0137653_15492111.jpg


---湯房物語の続き---

設計の具体的な話し合いが始まり、私も専務も上京し細部にわたる打ち合わせが始まった。何度このような事をしてきただろうか。。。今回ばかりはぺエンディングにはならないだろうと期待しながらも、ここまでにすでに4年の月日が経過していた。これから立ち向かう問題はいくつも想像できたが、期間が延びただけに一番心配した事が建築にかかる費用であった。今が建て時と豪語していた時期は瞬く間に去り、鉄骨や木材の高騰がささやかれてきた。それでも、倒れては起き上がってきた自分の心は、期待と夢でいっぱいだったことを思い出す。全ての業者さんが決定し、4階建ての素晴らしい設計図が出来上がった。d0137653_14115448.gif

さあこれからどんな感動があるのだろうか。私達の代で、面倒な申請や整理されていなかった許可関係の事も、ここで一気にクリアーしよと、社長は勿論の事、総支配人も嬉しそうな表情で各官庁に飛び回ってくださっていた。



万座温泉 日進舘 トップへ
万座温泉 日進舘 宿泊プラン一覧ページへ
[PR]
by manza_mama | 2008-09-29 16:11 | 湯房物語(26)~(30)

湯房物語(27)

本のものこと研究所

今回は、日本の素敵な「もの」を、素敵な「こと」を大切に生きていらっしゃる 「日本のものこと研究所」の代表でいらっしゃる木全恵美さん をご紹介します。

d0137653_21264844.jpgショートカットで眼鏡のお似合いになる大変おしゃれな女性です。
おしゃれの定義は色々ありますが、容姿、ファッション、生き方、そして内面もおしゃれで美しい女性です。

木全恵美さんのお仕事を一言で言うと、インテリアデザイナーです。
芸能人や企業の社長さんのご自宅など、多くの方とのお仕事の中で研鑽を積まれていらっしゃいますが、「和」というコンセプトを大切に、沢山の素敵な作品を残されています。
いくら説明してもしきれない彼女の魅力の中に、お料理というのもあるから凄いです。

d0137653_14391746.jpg何度も木全恵美さんのお料理をいただきましたが、勿論美味しくて、優しくて、美しいお料理です。

最近、ブログを始められ、お得意のお料理やこだわりの逸品などをご紹介されていらっしゃいます。是非覗いてみてください。

私が趣味で学んでいる蒔絵や湯房の客室にかかっている額のかな書道のお教室も彼女のサロンで行なわれており、それに加えて俳句の会も月一回そこのサロンで開かれています。その俳号から@桃兎の部屋@となっております。

木全恵美さんブログ 桃兎の部屋
http://ameblo.jp/emichacha-ameblo/


オフィシャルサイトも必見です!

日本のもの、こと研究所
http://www.japanesestyle.jp/



 ◇◆ 木全恵美プロデュース ◆◇

d0137653_1502295.jpg
湯房851特別室
(和洋室)




d0137653_15161033.jpg
湯房751特別室
(洋室)




d0137653_1521325.jpg

  湯房洋室



d0137653_15214030.jpg

  湯房和洋室



d0137653_14532225.jpg

本館212号室



d0137653_14505515.jpg

本館213号室




秋になりました。切ないことばかりがテレビから流れて参りますが、桃兎の部屋を覗いた瞬間から、日本に生まれて良かったと、しみじみ思う気持ちになれます。



---湯房物語の続き---

越冬後の5月8日に環境省長野事務所の現地立会いが入る。何と言うことだろう、昨年暮れに大急ぎで行なった木の伐採についてのトラブルが発生した。国立公園特別指定地域第一級に位置する万座温泉は自然保護だけではない、更に厳しい制約の中で建物が存続している。新館だろうとお客様の安全、快適の為の修復であろうと勝手には柱一本建てられないし、小枝一本切る事が出来ない。d0137653_22231015.jpg

そんな中で、伐採を行なった業者が始末書を書き、何とかお許しを頂いたものの、何となく幸先の悪いスタートをきってしまった。



万座温泉 日進舘 トップへ
万座温泉 日進舘 宿泊プラン一覧ページへ
[PR]
by manza_mama | 2008-09-20 21:23 | 湯房物語(26)~(30)

湯房物語(26)

けがえのないもの

d0137653_1525484.jpg大切なものが私から消えた・・・

それに出会ってから約6年の間、私を支えていたものを失くしてしまいました。

どんなに捜しても、悔やんでも元に戻らないし、見つからないでしょう。

いつも私はそれを握り締め、切ない時も厳しい時も乗り越えてきた気がします。
辛くても、それさえあれば何かに大切に包まれているようでした。
私は弱い者、あんな小さなものにすがってしまうのです。

それでも私は明日に生きなくては・・・

あ~、秋の空が余計センチメンタルにさせますね



---湯房物語の続き---

新館建築については4社の中から特に寒冷地でのホテル建設に信頼が厚い「守谷商会」が決まり、年始から具体的な話し合いが始まった。勿論、安全性、利便性、快適性など様々なクリアーしなければならない事柄が有りながらも、特に今回の建築については、専務と女将の強い希望は「日本のものこと研究所」の代表である木全恵美先生に参加していただきたいということであった。建築は殊更男の仕事であるが故にも、女性の感性が必要だった。兼ねてより親交のあった彼女のセンスと、日進館や私達に対する真摯な姿勢は今回の建築の目玉だったのだ。会長、社長の賛同も得て、私達は友人からインテリアデザイナーとクライアントという立場になり、来る日も来る日も新館「湯房」についての夢を語り合った。



万座温泉 日進舘 トップへ
万座温泉 日進舘 宿泊プラン一覧ページへ
[PR]
by manza_mama | 2008-09-17 14:49 | 湯房物語(26)~(30)


万座温泉・日進舘女将が、湯房建設のエピソードをつづります。
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧