万座 湯房物語



<   2008年 03月 ( 4 )   > この月の画像一覧


湯房物語(12)


体験。

3月25日快晴。
兼ねてよりチャンスを待っていた私に絶好の機会が与えられました。。。。スノーシュー♪♪

d0137653_1918408.jpg

d0137653_1852654.jpg30年近く国立公園指定第一級地区に住んでいながら、じっくりと森に入った事も無かったですし、カラマツ天然母樹林なるものも見たことも無く、一人で自然の中に入って行く勇気も無く過ごしておりましたが、森林インストラクターの資格を持ち、万座でエコツアーを定着させようと取り組む当館社員の木村道紘君の案内で現実のものとなりました。


d0137653_187241.jpg青というよりも藍に近い空。一面の真っ白い雪。スノーシューの音を道ずれに森の中に入っていきました。

夏季は笹が生い茂り、雪のある今しか歩行できない場所に立ち入りました。

森は何処までも深く、雄大です。日頃車の中からやり過ごしていたその場所に自分が立っていることの不思議を感じました。

スノーシューも初体験でしたが、思ったより歩きやすく、快適でした。

d0137653_18212261.jpg最初に私を迎えてくれた暴れ木(仁王松)は、この森の門番。まっすぐ空に向かって伸びているシラビソは美しく荘厳ですが、個性のある木の方が力強く印象的であると思いました。

d0137653_18171229.jpg奥へ奥へと進んで行き、母なる木々に挨拶をし、大きく開けた丘ではお茶とお菓子(白樺物語)を頂き、約2時間半のスノーシューツアーを終えました。

思ったより全然疲れないし、寒くないし、あっという間に時が過ぎていました。

  そ れ で 。。。。


d0137653_1842890.jpgこの事をお一人でも多くの方々にお知らせしたい、体験していただきたいと思い、何と翌日も、お客様とスタッフをお誘いして同じコースをたどりました。


d0137653_18443754.jpgその日は生憎の天候で、出発時は小雪が舞い散っておりました。進むにつれ雪はどんどん降り積もり、霧も出ていましたので短時間の探索でしたが、木立で休んだ時に頂いたお茶とチョコレートは、ひとしお美味しくいただけました。降りしきる雪の中に私たちだけでしたので、まるで遭難救助を待つような体験もできました。

d0137653_18465921.jpgそれでも、雪が降りしきる中でのスノーシューは野趣に溢れ、時が止まってしまったかのように感じる静寂の中で自然に触れる事は自分自身を清め、見つめる素敵な時間でした。

今年はもう直ぐそこまで春がやってきておりますので、来冬シーズンから多くの方々をご案内できたらと考えておりますので、楽しみにしていてください。



スノーシュー、及び嬬恋村の自然について詳しい事をお知りになりたい方は
是・是・是非 ネイチャー木村 のホームページをご覧くださいませ。



---湯房物語の続き---

相変わらず忙しい毎日を過ごしていたが、なかなか進まない浴場棟の計画や、事故のショックで物事を建設的に考える力や、前向きに捉える気持ちが無い日々を送っていたように感じる。

今で言う鬱状態とでも言うのだろうか。自分でも自覚できるほどのことであるから軽度のことであるけれど、気が付いたら体重が短期間の間に4キロも減っていた。様々なことが気になりながらも、少し休養が必要ではないかと主人に言われ、たまには海外旅行でも行こうと誘われる。。。そしてこの旅が、又又驚くようなことが起こるのだから私の人生は飽きることが無い。



万座温泉 日進舘 トップへ
万座温泉 日進舘 宿泊プラン一覧ページへ
[PR]
by manza_mama | 2008-03-27 17:56 | 湯房物語(11)~(15)

湯房物語(11)


な書道。

近頃はワープロやパソコンの普及で手紙を書く方が少なくなったと聞きます。

d0137653_2127272.jpg私も出来ればメールや電話でお返事したい人の一人なのですが、ある方・・。この方は「日本のものこと研究所」の代表でいらっしゃる木全恵美さんですが、後日改めて特集ページを作って全世界にご紹介したい素敵なスーパーレディーなのですが、その方のご縁で「かな書道」と言うものに出会いました。

先生のお名前は栗林光雨先生。大和撫子を絵に描いたような素敵な先生です。

子供の頃、お習字に通ったり、学校で習ったりした方も多いのではないでしょうか。暫くぶりに墨を摩り、真っ白い半紙の前に座り、書き始めると、子供の頃は感じなかった「書」「墨」「筆」の何ともいえない奥の深さにやっとこの年で分かったような気が致しました。

こんなにも美しく、魅惑的で楽しいものなのかを感じさせてくださった栗林光雨先生に五十路の手習いで月に一度お稽古に通わせていただいております。


そんな出会いの中で生まれたのが、新館「湯房」の客室に飾られている額の「書」でございます。
d0137653_2135497.jpg

万座にちなんだ木々の一文字を栗林先生にお書きいただきました。(上は「」)
一筆一筆表情の違う字を客室に飾る事ができ、大変嬉しく思っております。


d0137653_21582083.jpg

  これは、





d0137653_21431167.jpg

  これは、





d0137653_2224866.jpg

  これは、ブナ







d0137653_22564947.jpg
当館には森林インストラクターの資格をもっているインタープリタースタッフがいて、その一文字についてのご説明もインフォーメーションの中に入れさせていただいております。



d0137653_22142899.jpg


万座では 朝日山から太陽が昇り 一日がはじまる
この山の主であるゴヨウマツ(五葉松)は樹齢500年
群馬一の巨木
万座のマツ属 チョウセンゴヨウ(朝鮮五葉) ハイマツ(這松)も同じく葉は五枚
そして薬効高い万座の山菜コシアブラ、タラノメ、ヤマウドなどはウコギ科(五加)のグループ
長寿と健康に 万座の“五”が とても深く関係している
太陽の恵みに感謝して 今日も良い日でありますように
日進舘インタープリター 木村道紘



人生は出会いで決まるといいます。
出会うときは小さなきっかけでも、後で大きなご縁に結びつくのだなぁとしみじみ思います。

湯房にお泊りの際は「額」のチェックを忘れずに!



---湯房物語の続き---

今回の設計も万座を良く知り、温泉建築の経験も豊かな市川総合設計事務所の市川先生にお願いする事が決まり、浴場棟の設計図を眺めてはああでもない、こうでもないと意見を出し合った。


d0137653_231166.jpg湯量の豊富な万座だからこそ出来る、風呂めぐりが楽しいお風呂にしよう。建物の基礎を上げて、万座の景色が一望できるお風呂にしよう。その建物の中で軽食が取れたら良いのではないか。次々に夢のある意見は出るのだが、何故か私の心に平安は無かった。安全を第一に考えてスタートしたこの計画は、盛り上がっては消え、消えては又盛り返す湯房計画から少しずれてきている事を感じ始めていたからだろうか。。。


夏に起こった事故についても心が整理できない中で、いつしか私の中に旅館業を続けていく事へのの恐怖心さえ芽生えていたように思う。それでも日々の仕事は待ったなし。感謝な事に連日多くのお客様がいらしてくださり、ルーティーンの仕事に追われていた私は、気が付いたら頭に500円玉大のはげが2箇所出来ていた。ドンマイドンマイ!20年前にも同じような禿が出来たことがあったことを思い出した。人はストレスを溜めると体の一番弱い所に出るんだと誰かが教えてくれた。だから私は頭に出たんだなぁと妙に感心した。

d0137653_8334135.jpg

万座温泉 日進舘 トップへ
万座温泉 日進舘 宿泊プラン一覧ページへ
[PR]
by manza_mama | 2008-03-15 21:22 | 湯房物語(11)~(15)

湯房物語(10)


深い万座にも、やわらかな太陽の光が春を予感させ、玄関にある寒暖計も日中は摂氏2度。。。暖かな今日この頃です。

d0137653_15442977.jpg


d0137653_1694875.jpg近頃では自然環境を守る為に多くの方々が、色々な自然素材を使う取り組みをされていらっしゃいますが、万座温泉日進館に起きましても、新館「湯房」誕生とともに、シャンプー・リンス・食器用洗剤を「玉の肌石鹸」「ミヨシ石鹸」に変えました。

長寿の湯・万天の湯共にリンスインシャンプーはお年寄りの方やアトピー性皮膚炎の方にも優しい品に替え、ボディシャンプーは「せっけん泡のボディーソープ」をご用意しております。

肌への刺激が少なく、香料、着色料、防腐剤無添加なので、大変好評です。

d0137653_16134777.jpg
バックスペースにおきましても、パントリー内での洗い物は、「暮らしの重曹石鹸」を使用しております。

奇麗に気持ちよく洗いあがる事は勿論ですが、担当する客室係のおばちゃんたちの手荒れがなくなったと大好評!


ミヨシ石鹸 http://www.miyoshisoap.com/

あまりにも評判が良いので近々売店で販売いたします。覗いてみてください!



そろそろ薄着の季節を迎えます。私も お肌のお手入れ しなくっちゃ♪♪♪


---湯房物語の続き---

旧日進館のお風呂は全て万座川の川沿いを走るように建っていた。万座は何処を掘っても温泉が湧き出すほどの土地であるから、特に湯畑の近くは源泉の上に建物が建っているようなものである。だからこそ高温で白濁し、匂いが物語っているような本物の温泉に入れるのだが、もしまた再び同じ場所で水害でもあれば、同じ危険にみまわれる可能性がある。

自然災害は周期があると言われているが、リスクを回避する事が最優先事項と考える。その為、源泉から少しでも近くて安全な場所と言うことで、旧日進館の帳場があった辺り(第二別館)の跡地が候補にあがった。当館の全景写真でいう極楽湯からお薬師さんに向かう坂道のところ。

d0137653_16492726.jpg多くのお客様に好評を頂き、沢山のTVにも紹介された「露天風呂極楽湯」も新しいお風呂と一緒に生まれ変わることになる。。。良いのか悪いのか判らなかったけれど、大掛かりな設計図が完成した。



万座温泉 日進舘 トップへ
万座温泉 日進舘 宿泊プラン一覧ページへ
[PR]
by manza_mama | 2008-03-12 16:06 | 湯房物語(6)~(10)

湯房物語(9)


々のブログ更新になります。

何かと出かける事の多かった先週と今週でしたが、湯房も立ち上がり、ようやく慣れてきたところでしたので、「宿泊施設と情報バリアフリー」というセミナーに参加してまいりました。

主催は社団法人東京都聴覚障害者連盟ベターコミニケーション研究会で、以前から御世話になっている中園秀喜氏が熱心に勧められているプログラムです。

こちらも紹介↓
株式会社ワールドパイオニア(中園秀喜社長)
http://www.wp1.co.jp/


聴覚障害者の場合は外見上健聴者と代わりが無い為に障害と言う理解が低くく、何処に行っても楽しめないばかりか、手話を使っただけで奇異な目で見られたり、遠慮がちに障害者手帳を提出したとしても、車椅子専用ルームを提供されたりと、私達にはわかりにくいご苦労があるようです。日進館でも大きな理解と、少しづつでもバリアフリーに向かう努力が必要である事を学んで参りました。

d0137653_18493767.jpg湯房を含め、当館の客室は一段上がる設計になっておりますので完全バリアフリーでは在りませんが、車椅子で御越しのお客様にはフロントから近いところにあるお部屋をご用意する事ができます。


更に、円満の湯」は貸切温泉になっていますし、車椅子が利用できる仕様のトイレットで御座います。

聴覚障害のお客様には、振動式トラベルウォッチ・合図君・筆談ボード・文字放送アダプターのご用意が御座います。(事前にセットしますので、ご予約時にお申し出下さい)

簡単な手話が出来るスタッフもおりますので、是非御越し下さい。
設備が十分でない部分につきましては、スタッフの人力でカバーしたいと思います。

d0137653_1415042.jpg

手話をするフロント課(営業):竹渕信幸


3月になりました。もう直ぐ春ですね♪
豊かな春をお迎えくださいませ。



---湯房物語の続き---

2002年夏の終わりに、一つの事件が起こる。d0137653_1840589.jpg

水害の後の場所での事故だけに、私達は大きなショックと、温泉周辺の整備に力を入れようと話がまとまる。客室が中心である「湯房」より、温泉を整備して、他の温泉地に無いような大掛かりな浴場棟を作りたい。経営者4人の心が固まった。豊富な温泉を活かした広い浴場棟を作り、白根山まで多くの観光客がいらしている現実があるのだから、日帰り入浴客の確保に力を入れ、災害で失った建物を新しくし、苦湯をメインとした限りなく源泉に近いお湯を提供し、休憩室も完備した浴場棟を作る計画が始まった。


万座温泉 日進舘 トップへ
万座温泉 日進舘 宿泊プラン一覧ページへ
[PR]
by manza_mama | 2008-03-01 18:11 | 湯房物語(6)~(10)


万座温泉・日進舘女将が、湯房建設のエピソードをつづります。
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧