万座 湯房物語



湯房物語(48)

雛様

立春を過ぎ、日差しが眩しい今日この頃です。
d0137653_1442579.jpg
昨年は「からまつ」に飾られた雛人形は、今年はロビーのピアノの上に静かに佇んでいます。

28年前、長女が誕生したお祝いに実家の両親が買い求めてくれた思い出の人形です。

d0137653_14401855.jpg


毎年、こうして「日進館」のどこかに飾られた雛人形は万座で春を迎える女将の姿も見ていてくれたはずです。
実家の両親が、どんな思いで私を万座に嫁がせ、孫娘の成長を願い、安全と平安と幸せを願ってくれていたでしょう。。。

今年で30回目の春を迎えます。

皆様、豊かな春をお迎え下さいませ。


---湯房物語の続き---


d0137653_152435.jpg先月から、職人さん達の数が増え、12月にはいる頃から100人以上の職人さん達が、様々な作業に当たっていた。さながら工事現場は戦いの場所であるにもかかわらず、素人の私がダメだしをする事も良くあった。例えば見切りや腰壁の色が気に入らないとか、トイレットホルダーの選び方が悪いとか、今年との位置を変えて欲しいとか。。。その都度プロの職人さんに伝えるのは勇気のあることだったが、言うのは一瞬、言わなければ30年嫌な思いをしなくてはならない。とにかくこの頃になると、高台から見守っている先祖の皆さんがわたしの背中を押しているとしか思えないほどの力が出ていたと思う。25日には湯のみ茶碗やポット、灰皿、栓抜きなどの小さな備品からベッドや大型家具まで備え付けなければならない。夜遅くまで、若女将と一緒に既に到着している備品の梱包を解き、検品しては値札を外し、一斉に運べるように段取りを進めた。



万座温泉 日進舘 トップへ
万座温泉 日進舘 宿泊プラン一覧ページへ
[PR]
# by manza_mama | 2009-02-13 14:43 | 湯房物語(46)~(50)

湯房物語(47)



今日は節分。

「鬼は~外!福は~内!」子供達が小さい時は、お面を作って一緒に豆まきをしたことを思い出します。

一姫二太郎の我が家では、最初の頃は風情のある少し照れながらの豆まきが始まるのですが、何回かやるうちに拍車がかかり、小さい手のひらに握られた大豆は、いつしか室内雪合戦ならず、豆合戦に早代わりし、終わった後の片付けに並行したのを思い出します。

旧暦では2月からが新年。
私にとっても新しい一年が始まります。☆☆がんばらなくっちゃ☆☆

頑張れ自分!


---湯房物語の続き---

d0137653_1894781.jpg12月になったとたんに、沢山の雪に包まれた。外壁が完成していたお陰で、館内の作業であったのは幸いしたが、予想どうり浴場棟は年を越す事が決まった。とにかく年内に客室を完成させ、お正月のお客様を入れなくてはならない。現場事務所の工程表に河村氏の字で12月25日竣工と書かれた。いよいよなのだと身が引き締まった事を思い出す。多目的ホール「からまつ」の家具を急遽発注し、年末年始は新しい食堂でお食事を提供する事も決まった。予定外、想定外の事もありながら、刻々と竣工に向けての作業が進められて行った。



万座温泉 日進舘 トップへ
万座温泉 日進舘 宿泊プラン一覧ページへ
[PR]
# by manza_mama | 2009-02-03 17:41 | 湯房物語(46)~(50)

湯房物語(46)

d0137653_17144412.jpg 暦祝い


実は、泉堅さんは昨年8月10日で60歳になりました。

今年の夏で61歳を迎えます。

すっごく若いと思いませんか???

あれっ、そう思っているのは私だけかしら。。。

本人もかなり若いと自負しているようです。



d0137653_1772569.jpgそんな折、お嫁さんが還暦のプレゼントをくれました。

お嫁さんの圭子ちゃんは、とにかく 美人で気立てが良い
ので超自慢です。


長男の面倒を良く見てくれるし、お料理が上手です。

普段は経理の仕事なのでお目にかかる機会が少ないと思いますので、この機会に少しだけ見せてあげますね。

これからも宜しくお願いします☆

d0137653_1775453.jpg


---湯房物語の続き---


この頃になると、毎日工事現場に出向き、細かい作業の点検を行なった。私のイメージと違ったり、塗装が気に入らなかったりする箇所が出てきた為に、現場に行くと必ず何か決める事があった。

d0137653_17251825.jpgバックスペースの棚の高さから、パントリーの水周りの位置、電気のコンセントの高さなど、様々な答えを出していった。更に電気に至っては「墨だし」という作業に加わり、東御電気の野口さんと木全先生と共に遅くまで位置を決め「隅だし」を行いながら配光曲線がどのように視覚を作用するかなど学んだ。インテリアに於いては、信頼の厚い木全先生が手伝ってくださったお陰で、私の持つ力以上の意匠を整える事が出来たと確信している。まして女性であるが故の決め細やかさや、お客様の立場に立った配慮を優先した様々な備品揃えは私の学びでもあり財産となったのだ。



万座温泉 日進舘 トップへ
万座温泉 日進舘 宿泊プラン一覧ページへ
[PR]
# by manza_mama | 2009-01-26 16:31 | 湯房物語(41)~(45)

湯房物語(45)

房オープン一周年記念パーティー

d0137653_2201428.jpg

早いもので、「万天の湯」が一周年を迎えました。
d0137653_225811.jpg
昨年に引き続き、お客様、エージェント、取引業者の皆様にご参列いただき、パーティーを行いました。

厳しい経済事情の中ではありますが、それに負けない日進館の「やる気・元気・本気」をご報告いたしました。



今年のゲストはアカペラコーラスグループの☆宝船☆

d0137653_22123474.jpg

お正月に神戸港から標高1800メートルの雲の上まで宝船がやってきた!

縁起の良いスタートになりました。
今年の日進館は何があっても大丈夫!

元気の出る温泉にいらして下さい。

d0137653_22271870.jpg



---湯房物語の続き---


d0137653_22444297.jpg11月になり、すでに工事現場周辺には氷が張っている。今年はナナカマドの実が赤く色着かなかったことも有り、雪が遅いし、少ないと言われている。まだまだ工事が続いているので、雪の少ない条件は有難いことだった。11月18日、大野社長の誕生日と同じ日に7号連絡路と呼んでいた別館から湯房に繋がる連絡路と添乗員ルーム、別館エレベーターが完成する。オイルタンクの工事も間もなく終了し、いよいよ湯房の竣工に向けてラストスパートがかかるのだ。

d0137653_2248317.jpgそんな時に出会ったクロス張りの職人さんが聾唖者であることを知り、現場やホテルのロビーでお目にかかり、手話を勉強している私には大きな励ましになった。

黙々と作業を進めてくださる聾唖者の職人さん達の手を借りてこの建物が奇麗にお化粧されていくのだと思い、嬉しかった。



万座温泉 日進舘 トップへ
万座温泉 日進舘 宿泊プラン一覧ページへ
[PR]
# by manza_mama | 2009-01-16 21:37 | 湯房物語(41)~(45)

湯房物語(44)

ド街ック天国

d0137653_15165075.jpg

皆さん!見ていただけましたか?
1月3日に「日進館」が放映されました。

な・なんと6位!!!

d0137653_1523231.jpg


温泉力 という言葉にも感激しました☆
タレントさん達も、「ここいいわぁ!」なんて声が聞こえたり、「日進館行きたいなぁ」などと言って頂いたり、嬉しさ爆発☆

翌日は、湯治コースのお問い合わせが沢山ありました。
もちろん、バイキングスタイルになった「日進館」にも足を運んでください!
平日はお安くなってま~す。。。

そうそう、
1月14日(水)、「湯房オープン一周年パーティー」を行ないます。
現在、ご予約受付中です。

d0137653_15553957.jpg

宝船さんのボイスコーラスもあり、ハーフビュッフェのお料理と飲み放題で¥13000です。
絶対来てくださ~い☆☆☆

新館「湯房」「万天の湯」1周年記念パーティー宿泊プランご予約

女性アカペラグループ「宝島」(8/28のフロアーショーの様子)


それから、1月17日の午後8時から、「土曜スペシャル」にまたまた「日進館」が放映されます。
今度はもっと長いです。絶対見てくださいね!


---湯房物語の続き---


10月を迎え、建築事務所もストーブが焚かれている。この頃は、窓周りの打ち合わせに時間を費やした。寒冷地であるがゆえに当然ペアガラスを使用することが決まっているものの、角部屋の寒さは半端でない為、全ての角部屋には断熱材を何十にも入れることが決まり、暖房を焚いたことによって生じる結露対策にも沢山の意見が出た。昭和54年に本館を建築した際、とにかく結露による雨漏りに苦労した苦い経験があるだけに、何とか問題点をクリアーしたいと願っていたが、こればかりは丁か半かやってみなければ解らないリスクもあり、祈るような気持ちだった。

客室のルームキーはどうするか、レバーハンドルの色や形状、家具等々使用材の色や寸法など、このあたりから、日本のものこと研究所の代表である木全先生の出番が多くなる。インテリアデザイナーという仕事はおしゃれであこがれていたけれど、センス以上に、多くの職人さん達を動かすエネルギーと忍耐が必要な事を学んだ。
d0137653_1625744.jpg

自分のイメージどうりに部屋や建物が出来上がっていく課程には、職人さん達との鬩ぎ合いがある大変な仕事なのだと感心した。

この頃から、客室内で使用する茶器や菓子鉢、ベッド、ソファーなどの見積もりを取る仕事が始まる。品目の多さに改めて驚いた事を思い出す。



万座温泉 日進舘 トップへ
万座温泉 日進舘 宿泊プラン一覧ページへ
[PR]
# by manza_mama | 2009-01-05 15:18 | 湯房物語(41)~(45)


万座温泉・日進舘女将が、湯房建設のエピソードをつづります。
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧